スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【5月】 「ことば」を大切にしましょう

2017.04.29.14:55

新年度が始まりました。
我が家の孫二人も、ランドセルを背おって、元気に小学校に通っています。
先週はじめての宿題がでました。「『ふわふわことば』を考えてくる」という宿題でした。
『ふわふわことば』の意味がわからなかったので、孫達と話をしました。

『ふわふわことば』の反対は?
『とげとげことば』だよ。
『とげとげことば』はどんなのがあるの?
「だめ!」とか「いや!」とか「ばか」とか。
他には?
「いれてあげない」とか「うるさい」とかだよ。
じゃあ『ふわふわことば』はその反対だからわかるよ。
うん。「ありがとう」。「いっしょに遊ぼう」。
あとは?
「どうぞ」とか「なかよくしよう」。
そうだね。宿題できたね。

新一年生の初めての宿題。担任の先生がとてもいい宿題を出してくれました。
ことば使いはとても大切です。メールや文章ではニュアンスがわかりません。
コミュニケーション能力を育てるにはことばが重要です。
中学校の入学式でも校長の式辞でふれていました。
きたない言葉やきつい言葉をそばで聞くと、心がきたなくなったりきつくなったりします。
一番そばで聞くのは誰かというと、そういう言葉を発した本人です。
ですから言葉使いには注意しなければなりません。そういった主旨でした。
僕たちも気をつけたいものです。

あそびの会では毎週月曜日に「生活発表」をしています。
みんなの前で、「お休みの時・・・〜」と話してもらいます。
もちろん、ひよこ組さんはしゃべれません。
しかし、語尾だけでも発声するようになってきます。
「・・・遊びました」とか「・・・・た」のように。
ぞう組になると、感想まで話すようになります。
今年度もことばを大切に保育したいと考えています。

(石川)

入会・進級おめでとうございます。

2017.04.28.11:24

あそびの会は39年目が始まります。
ぞう組6名、らいおん組7名、きりん組10名、ひよこ組6名の29名でスタートです。
「幼児保育の基本は戸外でおもいきり体を動かして遊ぶことだ」
と考えて始めましたが、その思いは今も変わりません。
幼児やハンディキャップの子どもたちと関わるようになってもうすぐ50年。
昔ほど子どもたちと一緒に動きまわる体力はなくなってきましたが、
今年度もがんばります。

世の中、いろいろな所がバリアフリーになってきました。
それはとてもよいことなのですが、発達途中の子どもたちにとっては、
訓練の機会が少なくなり体の末端の発達が遅くなっています。
公園の大半のトイレは手を洗う時、蛇口を手でまわさなくても、
手を出すだけで自動的に水が出てきます。
階段の上り下りの機会がとても少なくなったので、
3才になっても下りの階段をこわがったり、じょうずに降りられない子どもも増えてきました。
そのような世の中の変化に対応した子育てを提案し、
一緒に子育てしていきたいと思いますが、子どものためです、がんばってください。

みなさんは三十代、四十代だと思いますが、親年齢は第一子と同じです。
僕や和子さんが四十代、ママーズの方々は二十代、みなさんは十代かそれ未満です。
子どもたちが成長するように、親も成長してください。
※あそびの会の保育がめざすもの 
③地域の中で生活するすべての人々
(親、子ども、保育者、お年寄り、ハンディキャップのある人、等)と
「よりよい社会」を目指して、ともに行動する。
これを忘れないでください。

※あそびの会の「入会案内」参照。

(石川)

文明は進歩します。人間は?

2017.02.27.10:46

テレビのJR東海のコマーシャルが気に入っています。
「今、下をむいて小さな画面を見ている人がたくさんいます」
「上を向いて京都の桜を見に行きませんか」というコマーシャルです。

『スマホ』はとても安くて便利な道具です。
20年前だったら全ての機能を手に入れる為には百万円ちかくかかったことでしょう。
百科辞典・カメラ・ビデオ・電話・うで時計・ファックス・
レコードプレーヤー・ゲーム器・電卓・システム手帳等々の機能が入っています。
それが手のひらサイズにおさまってしまうのです。技術の進歩はめざましいですね。
でも道具は使いようです。よく考えて使ってほしいと思います。

僕は自分の思いや考えを伝える方法はこのような文章を書いて渡すか、
直接話をするのがいいと思っています。
「ブログ」「ツイッター」「フェイスブック」「ライン」などで不特定多数の人々に
自分の考えや気持ちを表明することにどんな意味があるのか、僕には理解できません。
もちろん僕も「メール」は使います。しかし、それはほとんどが連絡事項です。
相手の事情がわからなく電話は迷惑かなと思った時に使います。

コミュニケーションの手段として一番良いのは、顔を見ながらしゃべること。
二番目が電話。三番目が手紙。その次がメールだと思います。
自筆の手紙では「バカ!」と「ばか」を書き分けることで
自分の気持を伝えることができるのですがメールでは無理です。

『小さな画面』を通して友情が育つことは少ないと思います。
いじめが増えているのも『小さな画面』のせいだと僕は考えています。
『小さな画面』は百科事典がわりに使えばいいのです。
自分の気持や考えは直接顔を見て話したいものです。

今月で一年が終わります。
お話がある方はいつでもどうぞ


(石川)

プロフィール

あそびの会父母会

Author:あそびの会父母会
おたまじゃくしやザリガニを
とったことがありますか?
シロツメ草で
かんむりが作れますか?
シイの実を
食べたことがありますか?
あそびの会は、何でも吸収する幼児期に たくさんの体験をさせてくれる 幼稚園より自由な保育グループです。

カテゴリ
最新記事
リンク
お問い合わせ
保育グループ 「あそびの会」
一度見学に来て下さい!
お電話受付時間:
8時半~9時半、2時~4時 TEL:03-3411-3605 FAX:03-3421-4482 世田谷区三宿2-28-19
(三軒茶屋 / 烏山川緑道沿い)

大きな地図で見る
カウンター
blog運営
あそびの会父母会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。