秋は日本の文化と自然を学ぶとき

2016.10.28.20:53

9月の中ごろから「ハロウイン」「ハロウイン」と世の中はさわいでいます。
僕の幼少年期や青春の時代には「ハロウイン」の「ハ」の字もありませんでした。
今の時代、「変身願望」や「バーチャル」が好きなのかもしれませんが僕には理解できません。

秋の行事といえば日本では「十五夜」の「お月見」からはじまり、
「お彼岸」「敬老の日」が9月で、
10月になると「稲刈り」「秋まつり」「いもほり」「運動会」と続きます。
あそびの会では、そんな日本の伝統行事を大切にしたいと考えています。
そして秋の自然とたくさんふれあうことにも配慮しています。
「日向山登山」では「ひがんばな」の群生や稲刈り風景を見ました。
世田谷公園で「まてばしい」を拾い、プレーパークでフライパンを借り、煎ってみんなで食べました。
歌は「コスモス」「どんぐりコロコロ」を歌っています。
「大きな栗の木の下で」の歌は「栗」を秋のくだものにかえて歌います。
「秋のくだものは?」の質問に口々に
「柿」「りんご」「なし」「ぶどう」「みかん」等々と答えています。

11月は子ども遠足で「子どもの国」に行きます。
いちょうの黄色・もみじの赤がとてもきれいです。
「からすうり」も、手にはいるかもしれません。
その後は「七五三」です。「ちとせあめ」を入れる袋を作って、
太子堂八幡におまいりに行きます。
勤労感謝の日には秋のウォーキングで「いもに会」をします。
「いもに」は山形県の郷土行事ですが、あそびの会では30年ほど前から
行事としてとりいれています。
11月3日の文化の日も日本国憲法が公布された大切な記念日です。
日本の文化や伝統を子どもたちに伝えていくこともあそびの会の使命だと考えています。

とはいえ、ハロウィンも無視はできないので、子どもたちには、ちょっぴりお菓子を配ります。
秋の夜長、僕は読書を楽しむつもりです。

(石川)
プロフィール

あそびの会父母会

Author:あそびの会父母会
おたまじゃくしやザリガニを
とったことがありますか?
シロツメ草で
かんむりが作れますか?
シイの実を
食べたことがありますか?
あそびの会は、何でも吸収する幼児期に たくさんの体験をさせてくれる 幼稚園より自由な保育グループです。

カテゴリ
最新記事
リンク
お問い合わせ
保育グループ 「あそびの会」
一度見学に来て下さい!
お電話受付時間:
8時半~9時半、2時~4時 TEL:03-3411-3605 FAX:03-3421-4482 世田谷区三宿2-28-19
(三軒茶屋 / 烏山川緑道沿い)

大きな地図で見る
カウンター
blog運営
あそびの会父母会