スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回: 先輩こんにちは

2011.03.02.22:44

今回は3人のお子さん(長男中3、次男小6、長女小2)の
お母さんであるいつも元気なK.Sさんにあそびの会での思い出を
語っていただきました。

                           (2011年3月現在)
=================================================

Q1.どうしてあそびの会を選ばれたのですか?

私立幼稚園に疑問を感じていたときに、
あそびの会の縦割り保育や子どもたちに自立心が見られること、
プール遊び・なわとびなどに関心を持ち、保育者に信頼感を持ったので。

Q2. あそびの会で印象に残っていることは?

・子どもの達成・成長を心から喜んでくれる保育者。
・縦割りは子どもだけでなく親同士にもありとても助けられられました。

Q3. 縦割り保育はどうでした?

・本当に成果(子どもの成長)が見られると感心しました。
・長男、長女、一人っ子には貴重な経験をさせてあげられると思います。

Q4. 小学校に入ってから、あそびの会を卒会して良かったなぁと感じたことはありますか?

・友達との関わり方もさることながら上級生、下級生との接し方がスムーズにいったこと。
・あそびの会では子どもの自立を促す保育をしているので、お仕度やお着替えがスムーズに
 行えたこと。

Q5. 後輩ママへのメッセージをお願いします

子育ては日々精進だと自分に言い聞かせている私ですが、あとで振り返ると楽しいことばかり
だったと気づくことも多々あります。
「聞く耳」を持っていると光が見えることもあるので一緒にがんばりましょう。

★お子様に質問です★

Q1. あそびの会で何が一番楽しかった?

・みんなで「おにごっこ」や「こおりおに」をして遊んだこと。
・雪合宿で「ゆきがっせん」をみんなでしたこと。

Q2. 大変だったことは?

・お弁当でおしゃべりばかりしていて食べ終わるのが遅かったこと(ぞう組の最終日まで)。
・クリスマス会の練習がキツかった。

Q3. 小学校に入ってからあそびの会を卒会して良かったなぁと感じたことは?
・なわとび出来て体育に自信がもてたこと。
・パルパル(あそびの会を卒会した小学生で行く夏のキャンプ)などで
 またみんなと会えること。

スポンサーサイト

theme : 子育て・教育
genre : 学校・教育

第4回: 先輩こんにちは

2009.12.08.19:59

今回は小学校6年生と3年生の姉妹のお母さんであるKさんに
あそびの会での思い出を語っていただきました。

Kさんは現在、NPO法人、親子ネットワークVIVOの広報として
精力的に活動されています。

                           (2009年9月現在)
=================================================

●お子さんに聞きました。

Q.あそびの会で印象に残っている楽しかったこと、好きだった遊びは?

姉: いっぱい! 合宿。運動会の練習。かけっこ。

妹: 冬のマラソンでシールをもらったこと。 お絵かき。なわとび。

Q.縦割り保育はどうでしたか?

姉: たくさんの(異年令の)子と遊べて良かった。
妹: にぎやか。

Q.小学校に入ってから、あそびの会を卒会して良かったなぁと
  感じたことはありますか?


姉: たくさん動いたこと。たくさん遊べたこと。
妹: いろんな所に遊びに行けて良かったな!


●お母さんに聞きました。

Q.どうしてあそびの会を選ばれたのですか?
  又、あそびの会と他の幼稚園の違いはどこにあると思いますか?


子どもにノビノビ成長して欲しい、たくましさを身につけてほしいという思いから。

あそびの会は親が保育参加ができる点が大きく違うと思います。
大きく成長する幼児期に、どんな体験をして、どんなお友達と遊んでいるのか、
自分で見て体験できることは貴重なことです。 保育者の指導を間近で見られる点も。

Q.あそびの会で印象に残っていることは?

ヒヨコさん(最年少、2才児クラス)がゾウ組さん(最年長、5才児クラス)に
手をひかれて歩く姿。 運動会。 クリスマス会。
プールの後の木もれびの下でのお弁当。 炎天下の送り迎え。
すべての事が強く印象に残っています。

Q.縦割り保育はどうでしたか?

上の子にはお兄さん・お姉さん、下の子には弟・妹を持つ体験ができて良かったです。

Q.小学校に入ってから、あそびの会を卒会して良かったなぁと
  感じたことはありますか?


あそびの会のお友達は特別な幼なじみ・・・かな。
ママ同士も気のおけない友人で一緒にいると居心地が良いです。

Q.子育て、子どもとの関わり方で気をつけていることは?

親自身がストレスをためないこと。
ストレスがたまってくると人に(子どもに)優しくできないので。

Q.後輩ママへのメッセージをお願いします!

保育参加はおすすめです!あそびの会ならではの“特典”です。

************************************************

下記、Kさんがあそびの会への思いを文章にしてくださったので、
掲載させていただきます。


「うちは一人っ子なので、これで卒業してしまうのがとても残念です」
とおっしゃって泣きながら挨拶をされたお母さんがいらっしゃいました。
長女が入会した年の茶話会です。
私は赤ちゃんの次女を連れて参加していたのですが、正直ピンときませんでした。

しかし、今になって思えば、確かに私と子どもにとって、幼児期をあそびの会で
過ごした日々はとても幸せなことでした。

二人合わせて7年間通いました。 体力的にはきつかったですよね。
夏のプール保育での炎天下のお迎えは、ほんとつらかったです。
でも、子育てを共感できるお友達ができたことは、かけがえのない経験でした。

初めての子どもが生まれ、2歳になって初めての集団の場が「あそびの会」。
あそびの会では子どもだけが保育されたのではないような気がします。
父として母として未熟な親もまた、石川さん、和子さんたち保育者に
教えられているのですよね。 それは多分、預けっぱなしの保育ではなく、
母も父も参加する場面があることが大きいと思います。 
いつでもオープンなあそびの会は親の保育参加自由です。
朝の会で一緒に歌を歌ったり、月曜の生活発表では
お休みの日になにをしたのか、みんなのお話が聞けます。
公園では仲良くあそびまわる姿、けんかや意地悪も見られます。
だから、親は自分の子どもだけではなく他の子まで、みんなが一人ひとりの子どもを、
とても良く見ていてくれていました。
BBQ、芋煮会、運動会、もちつきなどお父さんの参加する機会も多く、
夫婦で一緒に経験できたのが良かったです。

いろいろな価値観のある人がいますよね。小学校に入るともっといろいろな親がいて。
でもみなさん一生懸命子育てなさっています。先生もいろんな先生がいてびっくりします。
自分だけの価値観の中にいると、折り合いをつけるのが難しいです。
人の考えに耳を傾けるのも必要なことだと思います。

長女の同期入会は第一子の人が多くて、お母さんたちとも一緒に子育てをしてきた
仲間という気持ちがあります。

次女の同期はきりん組でとても増えました。この時は上のお子さんを他の幼稚園に
通わせた方が、何人か入会したので、いろいろなお話しを聞けたりしておもしろかったです。

これからも、あそびの会の仲間と親も子どもも楽しくつきあっていけたらいいなと思います。

===================================================

【編集後記】

“ Kさんが、石川さんとかずこさんの言葉で印象に残っているものは『親年齢』だそうです。

あそびの会歴4年目、この頃になって、
この『親年齢』の意味が私もようやくわかってきたように思います。

それまでは、一人息子とのやり取りにせいいっぱいでしたが、
二人目に女の子をもうけ、二人のわが子からも教わっているように思います。

Kさんにあそびの会で出会い、沢山のことを教えていただきました。
あそびの会で幼児期を過ごした仲間として、
どうぞこれからもよろしくお願いします。 (ぞう組母) ”


“私自身、女の子を持つ母として、
姉妹なのになぜ外遊び中心のあそびの会を選ばれたのか
が気になるところでしたが、男女の差は特に意識されず
『生きる力を身につけさせたい』
というお気持ちからと聞き、強く印象に残りました。 (きりん組母) ”


“Kさんのお話を伺って、石川さんと和子さんは、
一人一人の心と体の発達をよく見つめてくれていて、
背中を押すタイミングもはかってくれているのだなぁと、とても感動しました。

細やかなところまで、心と目を配っていただけるのは
少人数の幼稚園ならではの事のように思いました。

子どもに自信をつける、という事は、家庭が核家族で、父親も仕事で不在がち、
育児の知恵をくれる先輩が周りに極端に少なく、
結局母一人子一人の様な状況で子育てをする多くの親にとっては、
とっても難しい事のように思います。
そんな中で石川さん和子さんが居る(ついてくれている)という事は
本当に心強い事だとも感じました。

Kさんの上のお姉ちゃんは毎年パルパルを楽しみにしている、という話も聞けて、
卒会後もつながりをもてる園を選んで本当に良かったな。とも思いました。

Kさん、お忙しい中、本当にありがとうございました! (ひよこ組母)”

第3回: 先輩こんにちは

2009.03.06.10:47

3人のお子さん(長女20歳・次女18歳・長男12歳)の
お母さんである、いつも穏やかな印象のKさん。
3人のお子さんたちもみなさん地に足をつけ、
ご自分の道を歩んでいるなぁとお話を伺いながら感じました。

(父母会新聞ポコ・ア・ポコ 2005~2006年より)

****************************

●お子さんに聞きました。

Q. あそびの会で覚えていることを教えてください。

長女: 石川さんにプールで投げられたこと!
     けれど、泳ぐことは好きになり、中学3年間は水泳部でした。
     今では感謝してますよ(笑)。

    私たちの学年の卒業生はとっても仲良しで、
    今年の2月にはみんなで1泊2日の軽井沢旅行へ行ってきました。
    昔の話で盛り上がったり、近況報告など、いっぱい話しました。
    みんなに出会えたこと、いっぱい面白い体験をできたこと、
    あそびの会で本当によかったと思っています。

次女: 毎日が楽しい遠足でした!


●お母さんに聞きました。

Q. あそびの会で印象にのこっていることはありますか?
パワフルで魅力的なお母さんたち。「クリスマス会」「運動会」などetc・・・
仕事をしていたり、小さい子がいたりと忙しい中、みんなで時間を作って、
練習したり、製作したり、大変だったけど楽しかったなぁ~。
そして、妊産婦にとってもやさしいあそびの会でした。
みなさんに大変お世話になりました。

Q. お子さんたちをあそびの会に入れて、特に良かったと思うことはありますか?
親子ともども、精神的にも体力的にも鍛えられました。
あそびの会で本当によかったと思います。
(子どもは親がみていないところで “がんばって” 成長していくものなのかもしれません。
子どもたちが出会ったすべての人に感謝しています。)

Q. 後輩のお母さん達にメッセージをお願いします。
子どもが小さいと自分の時間が持てず、イライラしたり心にゆとりが持てなくて
それは私も大変だった気がしますが、今思えば子どもが小さい、
あそびの会の時期が子育ての中で一番楽しい時間でした。
そしてそれは、長い人生の中のほんの少しの時間でしかありません。
だからこそ、今を大切にしてくださいね。
親の役目とは、子どもがひとりで(自立して)
生きていけるようにすることだなぁ~と、つくづく感じております。


    

第2回: 先輩こんにちは

2009.02.07.21:28

Sさんはお嬢さんと二人のお兄さんも含め、あそびの会に8年通われました。
現在はお習字の先生をなさっています。
とても、ほめ上手で子供の教室では皆のびのびとお習字を楽しんでいます。
お嬢さんはイラストレーターを目指して就職活動中。
成人式ではあそびの会同期の男の子に囲まれて両手に花状態?

(父母会新聞ポコ・ア・ポコ 2005~2006年より)

****************************

Q. お嬢さんにお聞きします。 あそびの会で覚えていることを教えて下さい。

A. 砂だんごをつくることを楽しんでいました。
 けっこう固いものを作ってコップの袋に入れて持って帰りました。
 
Q. 昨年の成人式に卒会生が集まったそうですが、その時の様子を教えてください。

A. ほとんどのメンバーが卒会以来会ってなかったので、14年ぶりに会いました。
 あまり騒がない学年だった気がしますが、14年たってもあまり変わっていませんでした。
 でもそれから集まりも少しあったので、いいきっかけだったと思います。

Q.ここからはお母さんに伺います。子育てのモットーを教えてください。

A. ●子供がやろうとしている事に、子供以上に熱心にならない。
  ●ごはんをちゃんとつくる。

Q. お子さんをあそびの会に入れてよかったと思うときはありますか? 
A. 大ありです。あそびの会で、親も子もよい結びつきをいただきました。
 石川さんと保育者の皆さん、あそびの会に感謝しています。

Q. あそびの会で印象に残っていることはなんですか?
A. なんていってもクリスマス会。無から1つの出し物を協力して作り出すということが、
 とても大変だったけれど、親同士の強い結びつきをつくってくれたと思います。
 ビデオもあまり普及していない時代でしたが今でも名作の数々がまぶたに浮かびます。
 ヒゲダンス、短足劇場、方言劇 「大きなかぶ」、シンクロの脚芸など
 おかしくも不思議な世界がそこにありました。

Q. あそびの会のお母さんでお習字のサークルを立ち上げたのが、
 現在のお教室のきっかけとお聞きしました。


A. 二十数年前、今の場所に移る前のあそびの会の入り口に 「筆に親しむ会」 の
 募集のはり紙があり、当時役員をしていた仲間を中心に七人ほど集めて、
 先生に来ていただくことにしました。子育ての大変な時期、二時間のおけいこは
 自分のことに没頭できる楽しい時間でした。時にのんびり、時にがんばって
 十年目で指導者になりました。自分の子育てが終わった今、よそのお子さんと
 おけいこを通じてふれあえるのは、とても楽しいことです。
 昔に比べると気も長くなりました。

Q. 後輩のお母さん達にメッセージをお願いします。

A. 子供が小さいころ、私はとてもいらいらしていたと思います。
 他のお母さんはおおらかに見え、ひとりで落ち込むこともしばしばでした。
 子供の成長とともにおだやかな気持ちになり、人間どうしとして
 子供の良い面も見えるようになり、こんなことなら、いらいらするのではなかったと
 思いましたが、そうはいかないのが子育て。だからいいんですね、このままで。
 ただ、この子はダメ、ときめつけないで接してあげてください。 
 今まいた種を刈り取るのは20年先と思って。
 当たり前ですが、どの子も成長する、というのが子育てを終えての実感です。
 

第1回: 先輩こんにちは

2009.02.06.22:15

あそびの会の卒会生ってどんな人がいるんだろう。
何して遊んでたのかなぁ。パパやママはどんな思い出があるんだろう。
先輩に聞いてみよう!

(父母会新聞ポコ・ア・ポコ 2005~2006年より)

****************************

●お兄ちゃん(小4年)、弟くん(小2年)に聞きました

Q1.あそびの会でなにが一番楽しかった?

A.和子さんを落とそうとした落とし穴に、他の友達2人が落っこちたこと。
 流しそうめん。お箸をこうやってやると(流れの途中をせきとめておく)
 ゼリーとか超いっぱいひっかかった。(弟)

Q2.大変だったことってある?

A.小さい子を引っ張って歩くのが大変だった。(弟)
 でも公園で遊べるって思うと歩くのはつらくなかったよ。(兄)

Kさんのお宅には毎週金曜日、あそびの会の卒会生が集まります。
実は二人のママは二期会会員でもある声楽のプロ。
お宅で子供達にピアノ指導もなさっています。


●ママに聞きました。

Q.あそびの会に入ってよかったことはなんですか?

A.あそびの会は家族全員が好きでした。合宿、クリスマス、運動会、工作など。
 なんでも楽しんでいました。 1時間目から4時間目まで(午前中)、
 ずっと外で遊んで自然に触れ合って、季節感が身に付きました。親も子も。
 春のオタマジャクシからはじまって、トラマル、トンボ、バッタ、ザリガニ。
 今でもつかまえてきますよ。おかげで歌の中の風景を実感を持って歌えます。

Q.習い事に関して聞かせてください。お子さん達もたくさんお稽古を経験してますよね。
 造形、サイエンス、ダンス、お茶、合気道、そろばんなど。もちろんピアノも。


A.まず、はじめる前によく考えることが大切かなと思います。
 合わなかったらすぐやめるということはしたくないので。短くても1年は続けたいですね。
 失敗したのは、そろばん(笑)。上の子には向かなかったですね。
 先生はすごいおじいちゃんで頭ごなしにどなるんです。
 そういう先生に教わるのも経験かなと思ったんですけど・・・。
 ある本に習い事は、何をやらせるかではなく、先生を見込んで(人柄とか技量)させるべきだ。
 ということが書いてありましたけど、そういうことですね。

Q.Kさんのおたくではあまりテレビを見せないそうですが。どういう方針ですか?

A.テレビでもゲームでもいつか子供が自分の意思で見たいと言ったら
 考えようかと思って、見せないでいたんです。
 2歳になったとき見せてもいいかなと思って
「お母さんといっしょ」を見たらお姉さんの歌が下手で・・・。
 またポケモンがすごく流行ったときに見せようかどうしようかと、
 まず親が見てみたんですが内容が・・・。
 テレビやゲームの害について教えてはおきました。
 見たいとか買いたいとかはいまだに言わないんですよね。

Q.最後に後輩ママにアドバイスをください

A.あそびの会は三種の神器(通園バス、給食、延長保育)なしで、
 お母さんはいろいろ大変ですよね。
 でもいいことがいっぱいあります。 
 下の子が小学校に入ったらお母さんの自由な時間は確実に増えます。
 ですから、今お家のことは多少できなくても、
 子供のかわいい姿をたっぷり楽しんでください。


父母の声

2009.01.26.22:37

5easobi-no3d0779bf8975b.gif

●2才なんだけど、元気あって体力をもてあまして。      
●他の子に比べ、発達が遅いのが心配で。           
●あちこち連れて行きたいけど自分ではなかなか行けなくて。  
●下の子も連れて保育参加しながら一緒に遊べるのが魅力。   
●毎日たくさん歩くので身体が丈夫になると思って。
●縦割り保育なので、一人っ子でも小さい子をいたわる気持ちや
  リーダーシップが養えると思ったので。            
●都会でもこんな保育をしてくれる所があったのね。      
●保育内容にひかれたのだけど遠いので悩みました。
 でも車での送り迎えもOKだったので入会できました。
      

5easobi-no3d077ad2cbd58.gif

●たくさん歩けるので体力がついた。             
●外遊びを満喫している。                  
●異年齢の子供と交流できる。                
●歌をたくさん覚えた。                   
●体と心が少し強くなったように思える。           
●家庭的な雰囲気で、人見知りが無くなった。         
●年上のお友達のマネをして、いろんな事ができるようになった。
●体力もついたし、親子共に良い友達ができた。        
●いつもニコニコ元気!                   
●子供が世話をする喜びを知ったと思う。           
●小人数で細かいところまで面倒をみてくれる。        
●いつでも親が保育参加できること。             
●時間や場所の制限なく自由にのびのび遊べる。        
  何より本人が一番楽しく通っている。            
●いろいろなルールが身についた。              
             

5easobi-no3d077c6aa30a8.gif


★★★こんなところから通っています!通っていました!★★★

近いところでは
三宿、太子堂、若林近辺から。

遠くは
千歳台、大蔵、奥沢、用賀、
代官山、原宿など。
プロフィール

あそびの会父母会

Author:あそびの会父母会
おたまじゃくしやザリガニを
とったことがありますか?
シロツメ草で
かんむりが作れますか?
シイの実を
食べたことがありますか?
あそびの会は、何でも吸収する幼児期に たくさんの体験をさせてくれる 幼稚園より自由な保育グループです。

カテゴリ
最新記事
リンク
お問い合わせ
保育グループ 「あそびの会」
一度見学に来て下さい!
お電話受付時間:
8時半~9時半、2時~4時 TEL:03-3411-3605 FAX:03-3421-4482 世田谷区三宿2-28-19
(三軒茶屋 / 烏山川緑道沿い)

大きな地図で見る
カウンター
blog運営
あそびの会父母会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。